7step復縁マニュアルで相手との距離を縮める

7step復縁マニュアルで解説されているスキンシップによる愛情表現

 

人間は相手に好意や嫌悪感を持っていると、言葉に出さなくても態度に出てしまうことが少なくありません。

 

好きな相手に対しては無意識のうちにスキンシップが多くなったり、嫌な相手に対しては普段はスキンシップが多い人でもグッと抑えて触れないようにすることもあるでしょう。

 

恋愛においてもその法則は有効ですし、別れた恋人と復縁したい場合にも、その法則を最大限に活用することができます。

 

小澤康二の7step復縁マニュアルでは、自分のスキンシップ能力をコントロールするのではなく、別れた相手がどのぐらいスキンシップが好きだったのかによって、自分が相手のレベルでスキンシップを取ることが復縁のカギだと伝授してくれています。

 

やり直したいという気持ちを言葉ではなく表現するなら、さりげないスキンシップが効果的です。

 

小澤康二の7step復縁マニュアルで相手との距離を縮める

 

人間は誰でも、一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、その人に対して親近感を覚えるもの。

 

その人のことが好きでも嫌いでも、同じ時間を過ごすことが多ければ、その人に対して心の距離も近くなります。

 

7step復縁マニュアルでは、復縁したい相手へのアプローチにも、この時間と気持ちの関係性はとても有効に活用できると指南しています。

 

別れた恋人が「できるだけ頻繁に会いたい」という人なら、この法則も最大限に活用できるはず。

 

デートの時間は短くても良いので、できるだけ頻繁に時間や空間を共有することを意識してみましょう。

 

相手の自分に対する気持ちの距離感がずっと縮まるので、復縁までの道のりも短くなるはずです。

 

もちろん、強制的にデートに連れ出すのはNGですから、相手の都合も考えながら1回のデートで5分10分というレベルからスタートするのもおすすめです。

 

7step復縁マニュアルで学べる奉仕は最大の武器

 

人間は誰でも、他人に何かをしてもらうとうれしいものです。特に、何かを手伝ってもらったり、面倒を見てもらったりして、形としては残らない「奉仕」をしてもらうことで嫌な気持ちになる人はいません。

 

小澤康二の7step復縁マニュアルでは、別れた恋人との復縁工作にも、この奉仕という武器を最大限に生かすためのコツやポイントが紹介されています。

 

付き合っていた頃に自分が相手にかなり奉仕してきたという場合には、昔を彷彿させてしまうのでこの方法は控えたほうが良いかもしれません。

 

しかし、何かをしてもらうとうれしいという元恋人に対しては、奉仕の精神をマックスにフル活用するのが効果的なものとなります。

 

7step復縁マニュアルを読めば、きっとマイナスの感情であろう相手が自分に持つ気持ちを、奉仕の精神で一気にプラスへと変換できます。